労働監督基準署は動かない

未払い残業代の請求方法

労働監督基準署は動かない

労働者を守るために設けられた労働基準監督署ですが、時には冷たい態度をとられてしまうこともあります。
もし残業代の未払いが発生したのであれば真っ先に駆けつけたい所ではありますが、「一度会社に請求してみて下さい」と言われてしまうのが落ちです。

では何故取り合ってくれないのでしょうか。
本当に残業代が支払われず会社が法律に違反していたとしても、個人の申し立てだけでは動くに動けないからです。
調査に乗り出すにはまず、「自分から会社に請求したものの残業代を払ってくれなかった」という事実がどうしても必要になります。

その事実を作り出すには、監督署の言うとおり会社に請求しなければいけません。
難しく感じるかもしれませんが、様々な証拠を揃えて交渉してみましょう。
仮にもし拒否をされたとしても「請求したけど残業代を払ってくれなかった」という事実が出来上がります。
つまりは労働基準監督署が動く"きっかけ"が生まれるので、無駄に終わる訳ではありません。
また交渉が成功すれば、本当に支払ってもらえるというメリットもあります。
自分では難しいと思ったのならば、専門家に頼んでみてもいいでしょう。

労働監督基準署の調査について

残業代が未払いになっているという事実が確認できれば、労働監督基準署は調査に入ります。
まずは帳簿等を調べて、本当に残業代が未払いになっているかどうかを確認します。
そこで本当に未払が発生していたのであれば、指導が入るという訳です。
指導をしっかり聞き入れれば万事解決となりますが、無視をし続けると罰則が課せられることになります。
ともかく成功しても失敗しても、まずは行動あるのみです。

固定残業制の残業代請求