未払い分の残業代を請求する方法

未払い残業代の請求方法

未払い分の残業代を請求する方法

働いた分の給料を請求するのは、誰しもが持っている権利です。
出勤や退社に関する資料が揃えば、いよいよ未払いとなっている残業代の請求に入ります。
ハードルが高いように思えるかもしれませんが、難しく考えることはありません。
具体的な請求方法について、説明したいと思います。

スムーズに尚且つ確実に解決したいと思うのであれば、会社と直接交渉して残業代を請求する方法があります。
上手くいけばそんなに時間がかかることも無く、弁護士に依頼する必要も無いので手間はかかりません。
しかし会社側に話し合う意思が無ければ、この方法は難しいでしょう。
また今後のことを考えると、中々実行に移せないものです。

交渉が難しい場合

会社での直接交渉が難しいのであれば、労働基準監督署に申告するという手があります。
残業代が支払われていないという物的証拠があれば、監督署から会社へ指導・勧告が入ります。こちらも費用はかからず、匿名の申告を希望しているのであれば対応してくれる筈です。
ただし証拠が揃っていなければ、どうすることも出来ません。
また申告をすれば1人だけではなく会社で働いている従業員全員に対しての、指導・勧告が入る可能性があります。
問題は大きくなるので、よく考えてから申告するようにしましょう。

どんなに交渉をしても会社が残業代の未払い分請求に応じなければ、裁判で訴えることも出来ます。
例え証拠があまり揃っていなかったとしても、残業したということが証明出来れば請求することは可能です。
しかし、やはり証拠はあるに越したことはありません。
毎日の出勤時間・退出時間をしっかり記録し、出来ればタイムカードのコピーを取って、手元に置くようにしましょう。

サービス残業代の計算方法