過去の残業代も請求出来るのか?

未払い残業代の請求方法

過去の残業代も請求出来るのか?

労働基準法によると、未払いになっている残業代を含む賃金請求権の時効は2年と定められています。
つまり2年分までであれば請求することが出来ますが、言い換えれば2年以上前の過去の分に関しては請求出来ないということになってしまいます。

2年分だけではなく、今までの未払いになっている分全てを支払ってほしいと思っている人も多いかと思います。
しかし果たして請求することは出来るものなのでしょうか。
残念ながら2年分は何とか取り戻せたものの、それ以降未払いになっている分は殆ど認められていません。

しかし極まれに過去の残業代を取り戻せた事例ならば、存在しています。
正当な賃金を支払わなかったのは自分勝手な解釈での判断、また会社側が従業員の労働時間を把握していなかったことが理由として挙げられます。
またサービス残業が恒例化していたことも大きな要因となり、過去の残業代を請求することが認められたのです。
ただし何度でも言うようですが、これは本当に極まれなケースに過ぎません。
しかし決して不可能なことではないということだけは、知っておいても損はないと思います。

過去の残業代を請求するには

ただ過去の残業代を請求するにしても、証明するのはかなり難しいと思います。
2年であればまだ何とかなるかもしれませんが、数十年となると証拠も思うように集まらないでしょう。
下手をすれば残業に関する証拠が全て処分されている可能性もあるのです。
未払いになっている残業代を請求するには、証拠が無ければ話になりません。
どんなに訴えても、最終的には「証拠」が決め手となるのです。
この辺りをどうするかは、弁護士としっかり相談するようにしましょう。

残業代請求に必要な資料は?